我が家へやってきたTOP ≫  娘日記 ≫  動脈管開存症手術当日2

動脈管開存症手術当日2

手術の間は、家族待合室という所でじっと待っていました。
PHSを渡されていたので院内ならどこに居てもいいのですが
あまりウロウロする気にもなれなかったので

予定では2〜3時間程度の手術
ゆっくりと1時間かけて麻酔をかけるという事だったので
実際の手術は2時間程度でしょうか
穴が小さかったらカテーテルで傷もほとんど目立たない様な
やり方も出来るという事だったのですが
娘は穴が大きかった(術後聞いたら5mmあったみたいです)ので
結局、切開して動脈管を縛る方法になるみたいです。

さぁ2時間どうしようかなぁと思っていると
待合室に色々な本が置いてありました。
あかちゃんめいさくえほん わらべ きみか
おぉちゃんと一応物語りだし 絵も見やすいし
色合いもはっきりしているからいいなぁと
これは買いなのかなと思ったり

あとは、病院だからでしょうか 医療系の漫画が
たくさんありました。
Drコトー、医龍、おたんこナース
あとは、のだめカンタービレ のだめは
娘が生まれた病院にも置いてありました
なんでだろ?病院で人気なのかな?

手持ちぶさたなボクは、Dr.コトーを
読みはじめてしまいました。
ドラマ見てたから話は知っていましたが原作を見るのは
はじめて・・・
面白いじゃん!!

娘を心配しつつも難しい手術じゃないと言われていたので
余裕、ぶっこいて5巻まで読破しちゃいました。
で、10時過ぎてそろそろかなぁとソワソワソワソワ

ん、ちょっとお腹痛いなぁと思ってトイレに行こうか
迷っていて嫁に言ったら 

「行けばいいじゃん」

ボクは

「でももう微妙な時間じゃん」

結局、トイレに行ったわけですが
入ってすぐに

「終わったみたいだよ!!」

(トイレは待合室の中にあったので)

ボクは心の中で

「・・・やっぱり」

と思いながら用も足さずに手術室の前に向かいました

| 娘日記 | comment(0) | trackback(0) |


コメント
コメント投稿フォーム:
トラックバック
トラックバックURL:
※ トラックバックは管理者の承認後に表示されます。
Copyright (C) 我が家へやってきた. All Rights Reserved.