我が家へやってきたTOP ≫  娘日記 ≫  5歳低血糖で緊急入院!ご飯を食べない子供にはお菓子で対策

5歳低血糖で緊急入院!ご飯を食べない子供にはお菓子で対策

先週の金曜日に朝から具合の悪かった娘さん

嫁が病院に連れて行くとなんと入院になってしまったみたい

病名?は低血糖

調べてみると、ケトン性低血糖症という5歳までの子供に多い症状らしい
---
比較的痩せ型の幼児が、心身の不調によって食欲不振に陥ったり、夕食を摂らずに就寝したりすることがきっかけで、一時的な飢餓状態になり、血糖値が低下することにより発症すると考えられる。
---

娘ちゃんは、完全に痩せ型で
食べ物の好き嫌いは、ほとんど無いのですがとにかく食べる量が少ないので
体もあまり大きくならずに心配していたのですが
低血糖という病気になってしまうとは・・・

対処方法としては、病院で点滴を受けるだけなのですが
先生に話を聞いてみると、子供は腎臓でエネルギーを貯める量が少ない(グリコーゲンの蓄積能)のに
活発に活動するから、グリコーゲン分解による糖の供給不足になってしまい
体が酸性になって気持ち悪くなっちゃうんだとか

点滴で酸性になった体を戻して、食事を出来るようにしたって言っていた。

普段からご飯を食べる量が少ないと言う話をしたら
イオン水やジュース、お菓子などでブドウ糖を補給するのが大切と言われました

いままでご飯食べないんだからお菓子だけ食べるのは、ダメ!って言ってたけど
栄養が足りなくなるならお菓子での補給もやむおえないのか・・・

一応、2日入院して退院できるようになったのですが
付き添いで泊まって簡易ベッドで寝たのですが
とにかく、体が痛くなってしまった・・・。

簡易ベッドで寝るのがきつくて、娘ちゃんのベッドにもぐりこみました(;・∀・)

ご飯をもっとちゃんと食べてくれるといいんだけどなぁー

| 娘日記 | comment(0) | trackback(0) |


コメント
コメント投稿フォーム:
トラックバック
トラックバックURL:
※ トラックバックは管理者の承認後に表示されます。
Copyright (C) 我が家へやってきた. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。